ネイルの資格にはどのようなものがあるの?

最近は多くの女性でネイリストに憧れている人が増加しています。

そんな手に職をつけるという意味から、趣味の範囲でもう少し日常のオシャレとして綺麗なネイルができるようになりたいといった思いからネイル関係の資格を取りたいという人は増加の傾向にあります。

では、具体的には寝入るの資格というのはどのようなものが存在しているのでしょうか?

まず、ネイル関係の資格取得に繋がる最も有名な試験が一般財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNE)が主催している「ネイリスト技能検定試験」です。

ネイリスト技能検定試験は1級から3級が存在していて、3級は本当に簡単なネイルケアの手順が正しく行われていれば合格といった趣味の範囲ですが、2級からはプロとして働く上できちんと活躍できるレベルにあることが合格のラインとなっていて、ネイルケア、チップ&ラップ、アートをサロンワークで実践できることが求められます。

1級伴ってくると国際ライセンスと同等のレベルの非常に高い技術を持っていることの証明となります。

そして、最近のジェルネイルの普及から日本ネイリスト協会が(JNA)主催している「JNAジェルネイル技能検定試験」というものもあります。

コレは初級と上級に分かれていて、初級はカラーリングの基本が出来ていること、上級は両指のネイルケア・カラーリングはプロレベルで出来るかが求められます。

あと、「ネイルスペシャリスト技能検定試験」というのもあります。

これは、インターナショナルネイルアソシエーション(I-NAIL-A)が実施していて、A級は学生と初心者、PA/AA/AAA級はプロが対象です。

出典:ネイル資格安い

 

 

ネイリストになるための資格

ネイリストになる上で、必ず取得しておきたいのがネイル関係の資格です。資格を取らないまま就職するのは現実的ではなく、ほとんどの求人でネイル関係の資格が求められているのが現状です。では、ネイリストになるための資格についてより深く確かめてみましょう。

ネイリストとして活躍したい方の多くは、サロンの求人を探すことになります。しかし、サロンの求人のほとんどはネイリスト技能検定試験で2級以上を合格した方に限っていることが多く、資格を取得することはほぼ必須です。仮に自分の腕に自身があっても、資格が無いとスタートラインにも立てません。

そこで多くのネイリストを目指す方が挑戦するのが、JNECネイリスト技能検定です。こちらの検定は1~3級で構成されており、誰もが3級から挑戦することになります。2級ならば3級を、1級ならば2級を合格せねばならないので、徐々にステップアップする他ありません。まずは目の前のレベルから挑戦していきましょう。

また、この試験はただネイリストとしての腕を問うだけではありません。ネイリストに必要な知識も問われるので、筆記試験対策もしておかなくてはならないのです。1級にもなればネイルの歴史からも出題されるので、生半可な対策では合格は厳しいでしょう。

ネイリストになるためには、資格を取得せねば相当厳しくなります。筆記対策も実技対策も欠かさず行うことで、少しでも合格に近づけるよう努力を重ねましょう。そうすれば、ネイリストへの道もひらけます。